« 鳴滝の大根焚寺(丁徳寺)in京都 | トップページ | 葛飾柴又「帝釈天」 »

2006年12月14日 (木)

映画の父「マキノ省三氏銅像」in等持院(京都)

                                            Photo_1Rimg0024  並木鏡太郎監督の本「京都花園天授ヶ丘」に誘われて、等持院まで行って来ました。残念ながら、マキノ撮影所の名残はまったくありませんでした。マキノ撮影所のことは、等持院をお掃除しているおばさん達もまったく知らないようでした。受付のおばさんに尋ねたところ「三門の向こうの方にあったそうですよ。大昔のことですからね」と言われてしまいました。現実、そこで生活している方々にとっては、何の感慨もないという感じでした。ちょっと、がっかり。

銅像も私が思い描いていたのとは、まったく違っていました。等持院入口の横にあるお墓の前にありました。台座がすごく高くて、マキノ省三先生の姿は遙か上の方でした。

等持院にいたという作家の水上勉氏のことを尋ねてみましたが、何も残っていないそうです。水上氏が亡くなった時、新聞記者たちが押し掛けて来たそうですが、答えるものが何もなかったそうです。

|

« 鳴滝の大根焚寺(丁徳寺)in京都 | トップページ | 葛飾柴又「帝釈天」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195602/13068696

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の父「マキノ省三氏銅像」in等持院(京都):

» 映画 検定 [映画 検定]
映画 検定〜おもしろ資格特集 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 20時26分

« 鳴滝の大根焚寺(丁徳寺)in京都 | トップページ | 葛飾柴又「帝釈天」 »