« 高村薫 様 | トップページ | 国立 谷保天神梅まつり(写メール俳句) »

2007年2月18日 (日)

硫黄島からの手紙ー東劇にて

Photo_2 監督 クリント・イーストウッド

脚本 アイリス・ヤマシタ

出演 二宮和也 加瀬亮 松崎悠希 渡辺謙 伊原剛志 中村獅童 その他の人々

とうとう、やっと観ました。観に行ってほんとうに良かった。前売り券を買っておいてほんとうに良かった。元々、戦争映画とかヤクザ映画は好きじゃないので、なんとなく足が動きませんでした。でもこの映画はただのドンパチやっている映画ではありません。人間性あふれるすばらしい映画です。

観終わって、東劇からの帰り道、東銀座からJR有楽町へ向かって歩いて行くと、銀座の華やかなネオンサインが見えてきて、なんだか頭がクラクラしてしまいました。にこやかな表情で行き交う人々・・・

「硫黄島からの手紙」観た?と聞きたい衝撃に襲われました。

ストーリーは、第二次世界大戦の中で、最も悲惨な闘いが繰り広げられた硫黄島を舞台に、兵士たちが家族たちへ書きつづった届くことのない手紙をキーポイントに、兵士たちがどんな気持ちで闘ったのかを描いてあります。

元々涙もろい私ですが、あまりの感動に今も涙が出て来ます。

しかし、この映画を創ったのがアメリカ合衆国の人だということも衝撃です。でも、クリント・イーストウッドが創ったからこそ、多くの人々が観ることになったことも事実だと思います。

日本人が創ったらどうだったか・・・

アメリカの個人主義は、ただ自分勝手なものじゃない。キリスト教から来るちゃんとした倫理道徳に支えられているのです。

ここでも、また日本人は負けてしまった!    2007/2/16 観賞

|

« 高村薫 様 | トップページ | 国立 谷保天神梅まつり(写メール俳句) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195602/13952167

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙ー東劇にて:

« 高村薫 様 | トップページ | 国立 谷保天神梅まつり(写メール俳句) »