« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月23日 (月)

文楽は芸術だ! その2

文楽を鑑賞して、文楽が他の芸能と違うと思ったところは、

義太夫節を語る太夫さんの芸

義太夫節を弾く三味線弾きさんの芸

人形を動かす人形遣いさんの芸

この三者の芸が一つの芸となって観客に観せることだと思うのです。

歌舞伎や普通のお芝居、映画などでは役者さんの魅力で観客に訴えることができます。

歌舞伎役者の条件として、 一、姿  二、声  三、演技 と聞いていますが、このことは他の分野でも当てはまると思います。

最も判りやすいののは、女優さんで、早い話”絶世の美女”であれば、ただ、立っているだけで成立してしまう。カメラに向かって微笑むだけで良いのです。その人がちょっと演技すれば、周りは拍手喝采で、主演女優賞すら取りかねないのです。

ところが、文楽の芸は、こういったことは、決してありません。

なぜなら、主役はお人形だからです。お客さんが観ているのは人形なのです。その人形に生命を与えるために 太夫が語り、三味線弾きが三味線を弾き、人形遣いが人形を動かすのです。

三者がそれぞれ勝手なことをしたら、人形を動かすことはできません。きっちりとした決まりを守りながら、三者が切磋琢磨して、舞台を造っていくのです。

その昔、NHK教育テレビで放映された「ひらがな盛衰記」四段目 神崎揚屋の段

語り    四世 竹本越路大夫

三味線  鶴沢清治

人形   吉田蓑助

ラスト10分あまり 梅が枝のモノローグ これを観たときは、サーッと鳥肌が立って、これはたしかに”芸術だ!”と感動しました。

もちろん、ここに至るまでの道のりは、たいへんなことだと思いますが・・・・・まあ、大名人にならなくとも、その人、その人の味わいが出せればいいんじゃないかと思うんです。

若者で、芸人になりたいと思っている人

チャンスありますよ!  「文楽」というすばらしい芸能があるのです!

どんな人が向いているか私には判りませんが

人形遣いさんなら、身体が丈夫なら・・・

三味線弾きさんなら、耳がちょっと良ければ・・・

太夫さんは、やはり声帯かなあ・・・

いづれにしろ、長い時間積み重ねて作っていく芸なので、テレビに出ている人みたいに、すぐできる人、カミソリの刃のような切れ味は必要ないと思うのです。なまじ、才気走った人は、途中でいやになってしまうかもしれないし・・・のんびりした人の方が長持ちするかも・・・

やりたい10代の若者がたくさん出てきてほしいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

写メール俳句『春』

写メール俳句
青葉青目に染みる春やるせなさ    左和子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

文楽は芸術だ! その1

日経新聞夕刊4月17日の夕刊文化の中の自由席に「文楽研修生、ひとまず確保」という記事が載っていました。将来の人形浄瑠璃を担う文楽の研修生がゼロになった。ーーーいなくなったというのです。

あわてた国立文楽劇場が異例の再募集をかけ、先ごろ四人が合格、四月から研修を始めている。ーーーしかし、応募者はたったの六人だったそうです。

世界文化遺産になったものの、明治以降、欧米に追いつけ、追い越せで、自国の文化を捨てた感があったわけですから、こんなことになってしまったのです。

だいたい、今の生活の中で、三味線だのお琴だのの音を聞くということは、それこそゼロという状態。義太夫節(文楽は、義太夫節という語り物と人形で成り立っています)を聞くなどということは、文楽を観るか、歌舞伎を観に行くしかないのです。

巷に、日本の芸能は生きていないのです。

すっかり、欧米化した日本人の心のふるさとは、クラシック?などという実態になってしまいました。

その中で、今の若者に文楽を!と言ったところで無理に決まっています。ほしい人材は、なかなか手に入らないでしょう。

文楽を仕事にするためには、国がキッチリ保証する必要があると思います。議員宿舎ばかり、りっぱなものを建てて・・・

文楽の方々は、大阪公演の時が自宅か、東京公演の時が自宅か様々でしょうが、私の知り合いに聞いた話、ある文楽の方は、東京に四畳半一間、風呂なしアパートを年4回やる東京公演のために借りているそうです。もっと手厚い福利厚生が必要だと思います。日本が誇る芸術を担う人たちなのだから! だいたい、だいの男たちが三人で人形を遣うなんて馬鹿なこと(失礼(-_-;))、日本人しか考えませんよ!

                               今日はこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

桜(写メール俳句)

桜(写メール俳句)
照らされて満開の花後は散るだけ     左和子

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »