« 五社英雄監督作品「女殺油地獄」 | トップページ | 写メール俳句『紫陽花』 »

2007年5月26日 (土)

イム・グォンテク監督作品パンソリ映画「春香伝」

「文楽は芸術だ!」を書いて「女殺油地獄」と共に思い出した映画がもう一つあります。それがこの「春香伝」です。なぜ文楽から韓国映画なのか?と思われるかもしれませんが、それはこの映画が韓国の伝統的な語り芸”パンソリ”で進行していくところにあります。私はその”パンソリ”の芸に感動したのです。

「パンソリ」という語り芸が、文楽の浄瑠璃=義太夫節の語りと非常に似ているのです。日本人も韓国人も同じモンゴル系民族なので、身体的特徴、声帯なども近いものがあったり、また文法も同じ配列であったり、そういうところから、パンソリと義太夫節の語りが似ているんだと思います。

韓流ブームが来る前の映画。”近くて遠い国”と言われていた韓国の時代劇を初めて観たのもこの映画、韓国映画の底力を見たのもこの映画でした。

2000年『春香伝』

監督      イム・グォンテク

脚色      キム・ミョンゴン

パンソリ    チョ・サンヒョン

出演      春香(チュニャン)  に  イ・ヒョジュン

         夢龍(モンニョン)  に  チョ・スンウ

物語は、貴族の息子夢龍が長官の父の赴任先で、身分の低い美しい娘春香に恋し、将来を誓い合う。だが、長官の父はソウルへ戻らなければならなくなり、夢龍もソウルへ行ってしまう。必ず再会を約束して別れた二人であったが・・・

よくありそうな話で、韓国人であれば、知らない人はいないようなお話。日本でいえば「忠臣蔵」のようにポピュラーなお話です。

今までも何度も映画化されているそうですが、それまでの映画と決定的に違うことは、なんといっても”パンソリ”なのです。

この映画のパンソリは、韓国の人間国宝チョ・サンヒョン氏が語っておられます。私には、まるで文楽の名人のお師匠さん(太夫)が語っているように聞こえました。

この映画は、普通の映画と違ってパンソリと映像を楽しむ映画です。

とてもリズミカルで、ユーモアがあり、躍動感があります。

私たち日本人の細胞の奥の奥に潜んでいるモンゴル系民族のDNAがパンソリの響きによって呼び起こされ、この映画に酔いしれるのです。

ぜひ、一度ご覧になってみて下さい!

|

« 五社英雄監督作品「女殺油地獄」 | トップページ | 写メール俳句『紫陽花』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195602/15205993

この記事へのトラックバック一覧です: イム・グォンテク監督作品パンソリ映画「春香伝」:

« 五社英雄監督作品「女殺油地獄」 | トップページ | 写メール俳句『紫陽花』 »