« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

サイドカーに犬

なんだか、この映画で今年の夏休みの思い出ができてしまったみたいな感じ・・・。この映画を観てから、自分の子供の頃が思い出されて、想い出されて・・・。 子供の頃のことを想い出す機会なんて、ほとんどありませんでしたから・・・。 YUIちゃんの主題歌も心に染みました。

Photo_3 「サイドカーに犬」

監督   根岸吉太郎

脚本   田中晶子 ・ 真辺克彦

出演   ヨーコさん    竹内結子

               薫 (10歳)   松本花奈

               薫の父 誠    古田新太

               薫の母 良子   鈴木砂羽

               樹木希林、椎名桔平、ミムラ など

物語は、30歳になった薫が10歳だった夏休みの一時を想い出す回想の形で始まります。

薫が10歳の夏休み。 母が家出をしてしまった後に、食事を作りに来てくれたヨーコさん。そのヨーコさんと薫の心のふれ合いを叙情的に描いている映画です。

一緒に行った友人は、80年代の自分の琴線に触れる知的な映画と言っていました。

いわゆる米国的エンタテイメントのように、口をあんぐり開けていれば、何でも食べさせてやるぜ!式の映画ではありません。

私は、自分が薫と同化して、この映画を追体験してしまったみたいです。

  憧憬の眼差しでヨーコさんを見つめる薫。

  私も同じようにヨーコさんを見ていました。

今まで、竹内結子という女優さんをそれほど意識して観ていませんでしたが、今回、美人女優のわりに芝居が上手い(失礼!)と思ってしまいました。

とにかく表情がいいと思いました。

  笑った顔、泣いた顔、ちょっと怒った顔。

彼女のチャーミングな表情そのものが、この映画を紡いでいくように感じました。

これが主役女優というものなのかぁ・・・・。

映画終焉、戻ってきた母親に頭突きをして「薫と友達になれてよかったよ」と出て行ったヨーコさん、その時の表情がなんともいえませんでした。

そして薫に父親との別れの時が来ます。

薫がヨーコさんの真似をして父親に頭突きをした時、私は思わず泣けてしまいました。

私も長女で、弟がいます。

私が幼稚園の園児だった時、父が単身赴任で海外へ行く時、飛行場でワンワン泣いて見送ったこと。父の替わりに音大生のお姉さんが下宿に来たこと。そのお姉さんがヘヤーキャップを被って、ロゼット洗顔パスタ(この名前が大事)で、顔を洗うのを眩しく眺めていたこと。

父が帰って来てからの夏休みは、よくプールへ連れて行ってもらったこと。プールの帰り、バスで国立駅まで戻り、駅前でラーメンを食べさせてもらったこと。そのラーメンが美味しくってたまらなかったこと。などなど走馬燈のように想い出してしまいました。

斯くして、この「サイドカーに犬」は、私のお気に入りの映画となったのです。

私が80歳のおばあちゃんになって、この映画を観た時「私にも子供の頃があったのよ!」と心の中で叫び、今度生まれて来る時は、竹内結子のような美人に生まれてくるんだ!と呟くでしょう。

         

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年6月13日 (水)

写メール俳句『紫陽花』

写メール俳句『紫陽花』
いざ出でよ人目を浴びて七変化      左和子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »