« 2008年11月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年4月25日 (土)

〈介護〉清水由貴子さん自殺ー明日は我が身

清水由貴子さんが自殺したニュース、ワイドショーなどで盛んに放送されていました。

ほんとうにお気の毒で、見るたび、読むたびに涙が出てきてしまいます。

現在、介護をされている人々は私も含めて他人事ではなく”明日は我が身”と思っていると思います。人はその立場にならないとなかなか解りません。私も親の介護をするまでは全く介護問題にも興味がありませんでした。ほんとうに介護している人にだけわかることだと思います。

今の介護保険は、独居の人にはそれなりヘルパーさんを入れられてますが、家族と一緒に住んでいる介護される人は家族の人に看させれば良いという考えです。

由貴子さんは経済的にも精神的にも独りで背負ってしまっていたと思います。お母さんを道連れにして死のうとなさったと思いますが、お母さんに手をかけることができず独りで亡くなりました。お母さんや妹さんを残すということも考えられないほど追いつめられていたと感じます。

介護する人は、仕事を辞めて介護しなければならないのでしょうか。

介護保険はなぜ、介護する人を助けてくれないのでしょうか。

日本人全体が、介護の問題をもっと真剣に考えなければならないと今改めて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 7日 (火)

写メール俳句「桜」車椅子

写メール俳句「桜」

車椅子母と行く道八重紅しだれ  

                左和子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年11月 »