« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年2月20日 (土)

女優のこと

Photo_5 以前、高峰秀子の自叙伝を読みました。赤裸々で面白かったので、岡田茉莉子の「女優 岡田茉莉子」も読んでみました。

こちらは、赤裸々ではないけれど、観たことのない映画のこと、監督のことなどが書かれていて、それなりに面白かった。

中でも”我が意を得たり”と思ったことが一つ。

茉莉子嬢が、小津監督(小津安二郎)に野球にたとえて、

「これまで監督の作品に出た女優の中で、誰が四番バッターですか?」と尋ねたら

「杉村春子」と答え、「四番バッターがいなければ野球にならない」と言ったことです。

私は野田高梧氏のシナリオ「東京物語」を読んでから、ビデオで映画「東京物語」を観ました。

その時 「杉村春子だ! やっぱり杉村春子だなあ」 と思ったわけです。

このようなチ~ンとした映画(言い方が悪くてすみません(-_-;) )杉村春子がいなかったら、どうなの? と思ってしまったわけです。

原節子嬢だけでは、絶対に映画にならない。原節子さんが早くに引退してしまったのも、杉村春子という名優と共演してしまったからではないかと思うぐらいです。

有名なN.O.監督は、テレビで役者はキャラクターだ!と叫んでいましたが、私はキャラクターだけで、映画が成立するもんか!と思っているのです。

名女優として思い浮かぶのは、年齢の高いところから、市原悦子、吉田日出子、桃井かおり、大竹しのぶ さん など。

この四人の特徴としてもったりとしたしゃべり方、とてもクセのあるしゃべり。

杉村春子さんは、さらさらと早口でしゃべる。

もったりとしたクセのあるしゃべり方で脇役をやると、クセのあるしゃべりと芝居の上手さで観客の目を引きすぎる。映画として成立させるにはちょっとジャマかも。

その点、杉村春子嬢は、目立ちすぎず、主役を引き立てながら、抜群のセンスと存在感で映画を盛り立てる。

う ~ ん、  恐ろしや! 杉村春子!

以前、平山監督(平山秀幸)の映画「OUT」を観た時、なんか物足りなさを感じながら観ていましたが、ラストに吉田日出子嬢がトラックの運ちゃん役で登場し、

「どこ、いくんかい?」 と一言言ったら、芝居が締まった。

やっぱりねぇ~  恐ろしや! 吉田日出子!

舞台経験の長い天才女優たちは、芝居全体を引き締める力があると思うのです。

まあ、最近のテレビや映画は、ただ美しい容姿を並べるだけのが多いけど、それだと芝居に厚みが出なくて、私としては面白くないのです。

主役は別として上手い舞台の役者を見直すべき! と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »