« 2010年2月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年6月 8日 (火)

映画「孤高のメス」

「油断大敵」の成島出監督、「雪に願うこと」の脚本家、加藤正人氏、そして主役にはツーさま(堤真一さん)ということで・・・

Photo_2  

「孤高のメス」

監督    成島 出

脚本    加藤正人

出演    当麻鉄彦 ・・・ 堤 真一

       中村浪子 ・・・ 夏川結衣  

                 余 貴美子  生瀬勝久  柄本 明  他

原作は読んでいませんが・・・

映画を見終わって、とても清々しい気持ちで劇場を後にすることができました。

昨年、私の母が4度も入院し、医療問題を考えないわけにはいかない立場になりました。

三度目の入院の時は、腸閉塞になり、緊急入院、緊急手術。

外科医の先生と看護婦さんは、ほんとうに大変な尊い仕事をなさっていると感じました。

この映画を通して、一人でも多くの若者が素晴らしい外科医を志してくれたらと願ってやみません。

映画のファーストシーンの風景を観た時、グッと目に入ってきて「あ、この映画いい!」と思ってしまいました。

映画は淡々と医療現場とその周辺の人々を確実に捉えて、変に誇張したりすることはありません。

余貴美子さん扮する母親が生体肝移植ー臓器提供を決意するところは、「う~~ん」と泣かされました。また息子がこの世から居なくなってしまった後、幼稚園の子供たちにコーラスの指導をするところも印象的でした。

堤真一さんは、その昔、野田秀樹のシェークスピア原作「真夏の夜の夢」で唐沢寿明さんと一緒にライサンダーとデミトリアスで出演されていました。その時、二人がガバっと一瞬抱き合うところがあったんですが、二人の大きさが一回り違う。唐沢寿明さんは非常にコンパクトで ああ、この人はテレビ向きの人なんだろうなと思い、堤真一さんに対しては この人は映画がいい! と思ったのでした。

ウフフフフ ・・・ 私の目に狂いはなかった!  (*^_^*)

今回、堤さんは肩の力が抜けて、主人公の当麻鉄彦と堤真一が相寄って、実に自然で良い感じ!  ただ、ただ、カッコいい堤さんを思い描いていたのですが、いい意味で裏切られた感じ・・・・

すごくいい役者さんになられましたぁ~~~!!!

夏川結衣さんもいい感じでした。今まで観た中では一番好きです。

後、これは私一個人の趣味ではありますが・・・

成人した夏川さんの息子には、夏川さん似の目元の涼しい初々しい純粋さを持った美青年 ー 東方神起のユノ(ユンホ) のような人が良かったな。と思ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年10月 »