« 映画「孤高のメス」 | トップページ | 俳句「春寒」 »

2010年10月30日 (土)

〈介護〉東方神起に はまって 救われた私

現在、認知症と腰部脊柱管狭窄症を患って介護度4の母と足腰の弱った支援2の父と三人暮らしです。

母の介護2から始まってもう五年の介護生活になります。

今は知り合いの方が週三日、私が帰るまで一時間ほど来て下さり助かっています。

その他はすべて私独りでやっています。

もう、本当に心身共に疲れてしまいました。鬱状態です。

そうすると・・・当たってしまうんですね。

母には当たれないので、父に当たってしまう。正直、虐待の一歩手前までいったと思います。

これを救ってくれたのは、東方神起でした!

ここ一年ぐらい毎日東方神起のDVDとCDを観まくり、聞きまくっています。

「”O”-正、反、合」 や 「Rising Sun」 「Wrong Nunber」などが大好きです。

みんなカッコ良くて、歌が上手くて、ダンスパフォーマンスが素晴らしいのです!

すっかり魅了された私は、東方神起によってストレスを和らげることができました。

これほど、芸能の力を感じたことはありません。

生まれて初めての体験でした。

すっかり東方神起のファンーユノペン(ユノ・ユンホさんのファン)になった私は、な、なんと!

この九月にはユノさんが主演するミュージカル「宮」(クンと読む)を韓国まで観に行ってしまいました。たった三泊ですが、両親と離れることは、ストレス解消になり、とても良かったです。半年に一度ぐらいは、二人から離れることが必要だと感じました。

東方神起はほんとうにクウォーリティーの高い素晴らしいアイドルグループです。

今はユノ・ユンホさんとチェガン・チャンミンさんの二人になってしまいましたが、これからも私達ファンの希望の存在であってほしいです。

また、介護や子育てを独りでやっている方、必ずストレス解消方法を見つけてもらいたいです。

今は横の繋がりも大家族でもない人がほとんどです。独りで抱え込んでいる方は本当にたいへんです。また、そういう方を見かけたら、ぜひ、手助けしてあげてほしいです。

ユノ・ユンホさんの力を借りて、私は再び生き返ります。

|

« 映画「孤高のメス」 | トップページ | 俳句「春寒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195602/49886816

この記事へのトラックバック一覧です: 〈介護〉東方神起に はまって 救われた私:

« 映画「孤高のメス」 | トップページ | 俳句「春寒」 »