« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月 1日 (木)

従軍慰安婦ー 「慰安婦問題」日本がいま語るべきことー大沼保昭

このタイトルは月刊誌「潮」8月号に掲載された大沼保昭(オオヌマヤスアキ)氏の文章です。

この文章すべて載せたいところです。このブログを読んだ方すべてに大沼保昭氏のこの文章を読んでもらいたい!

”慰安婦”のこと、よく知らない日本人多いと思います。

私も友人たちと「慰安婦っていたの?いないの?」 「たぶん、いたよね」

などという会話をしていたのが恥ずかしいおもいです。

ほんとうに日本の政治を動かしている人間は”悪”ばかりのような気がしています。

「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」のこと

韓国で「償い」がうまくいかなかったこと

日本の取り組みが評価されないことーーーこれは、書かれているところを少し紹介したいと思います。

 私(大沼保昭氏)は、70年代から日本の戦争責任の問題に取り組んできた。その経験から、日本の侵略戦争と植民地支配への反省と償いは、政府だけにゆだねるのではなく、国民全体が関わるようにするべきだと考えるようになった。

法的には、日本は1951年のサンフランシスコ平和条約や諸国との条約によって戦争と植民地支配に関わる賠償・保証・請求権の問題を「解決」したとされている。韓国も1965年の日韓請求権協定で法的には「解決」したとされている。

【ここからが問題!】だが、日本国民の多くは日本が戦争と植民地支配で諸外国にどれほどの被害を与えたかを知らない。中国や韓国の人々の心に今なお残っている痛みもわからない。政府と国民がともに戦争責任に向き合わなければ、日本はいつまでも被害を受けた国から批判され続け、国際社会で胸を張って生きていくことができない!

ほんとうに素晴らしい文章で、私が疑問に思っていた疑問が解けました!

是非とも、読んでいただきたい文章です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »