« 写メール俳句『どくだみの花』 | トップページ | 父を恋う歌 »

2014年9月18日 (木)

父死す

本日、9月17日午前9時34分頃 父自宅にて死去。

12日金曜日少し様子が変だった。トイレに行くと玄関の方へ行ったり、お父さんトイレはこっちでしょ。というと あっそうか とトイレへよたよた歩いて行った。

13日も歩けなくなり、躄りで食堂へ来るが、私も椅子に乗せることができず、床に座ってもらい、小さなテーブルで食事してもらう。ほとんど食欲はない。私も父の声がすると気になるので、睡眠不足になっている。

14日口に氷やアイスクリームを入れようとすると凄く嫌がり手で振り払う。息も荒く契約している訪問看護へ電話する。訪看さんに来てもらったほうがよいか、それとも医師に往診してもらうか迷う。15日は主治医が担当になるので15日主治医に来てもらうことになる。

15日主治医往診。主治医「入院して点滴などしましょうか」父「病院なんかごめんだよ!」

主治医、私が往診に来るようになってから、一度もぶれてない。無理矢理入院させるのは、どうか。娘さんは大変だけど家に居るのがお父さんはしあわせよ。この一週間仕事を休んで下さいと言われる。訪看さんも介護保険ではなく、医療保険で毎日入ることになる。

16日主治医往診。エアーマットを入れることになる。父の部屋にある介護用ベッドは使用していなかった。今までどおり畳にエアーマットを置く。この日、エアーマットが今までのマットより高いので、落ちないように私がエアーマットの横に敷いた布団で寝る。父がエアーマットから落ちそうになるのをわたしが防ぐ。そんなこんなしてて眠りにつく。

17日朝6時頃、目が覚める。三日ほどお風呂に入ってないので、朝お風呂を沸かし入る。

今日はまだ寝ているなあと思いながら、おむつのパットを替える。少し大便が付いている。息がかなり荒い。訪看さんに連絡したほうがよいかなとおもいながら、9時過ぎ電話料金のことでKDDIに電話をして、ちょっとヨーグルトを食べて、ハッと気がついたら、父が息をしていなかった。訪看さんに連絡して来て貰う。

最後、お父さんに添い寝出来て良かった。お父さんの手を触ったり、手を搦めたりして寝たので良かった。こんなこと子供の時にしただけだと思う。

やさしいお父さん、なのにわたしったら、お父さんにやさしく接してなかった・・・

ほんとうにごめんなさいね。後悔先に立たず  ですね。

お父さ~ん  ごめんなさい!!!

|

« 写メール俳句『どくだみの花』 | トップページ | 父を恋う歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195602/60332822

この記事へのトラックバック一覧です: 父死す:

« 写メール俳句『どくだみの花』 | トップページ | 父を恋う歌 »